黒色矮星(終売品)

黒色矮星(終売品)

単価  あたり 
税込

OGAスタッフ卒業記念ビール。スタッフ「シハン」によるオリジナルビール。クラフトビールの王道、スタウトにいままでの想いを込めた今だけの限定ビール

スタイル : インペリアルスタウト

  • モルト : マリスオッター、カラミュンヘン、カラヘル、エール、ハイデルベルグ、ロースト
  • ホップ : センテニアル、チヌーク、シムコー、カスケード
  • ABV:8.0%
  • IBU:45
  • 容量:330ml
黒色矮星 ショートショート
「黒色矮星」

人が着ているように並べられた空っぽのベストとジーンズ。そこにヨウジが撮り続けた写真が散りばめられていた。こんな棺を僕は見たことがなかった。泣きながら花を添える人々に混じって花を手向けた。

天文部で一緒だったヨウジは大人しい奴だった。そこにいるのに、そこにいないような存在。でも、夢の話になると、ヨウジは静かに語った。およそ天文と関係ない夢を。そんなヨウジを僕らは大好きだった。いつか自分もまだ見ぬ夢を語りたいと願った。

「あいつ、夢が叶ったって言えるのかな......。テロに巻き込まれて遺体すらないなんて」

葬式の後、目元を拭いながら、僕らは駅までトボトボと歩き始めた。

黒色矮星ーー。

不意に浮かんだ。そこにあるのに見えない星。でも、星もヨウジもみんなの夢だってしっかりと存在している。

「ヨウジ、黒色矮星になっただけだ。まだ戦場で写真撮ってるよ」

アツシが泣き笑いした。

......そうだな。遺体もないしな」

いつか見つけるよ。お前も僕の夢も。