Polar Night(終売品)

Polar Night(終売品)

単価  あたり 
税込

焙煎された大麦を使用して、香りと苦味を表現。麦由来の濃厚な深みと複雑な味わい、ロースト感の余韻が長く続く味わいが特徴。

  • スタイル : ダークIPA
  • モルト : マリスオッター、カラヘル、ハイデルベルク、ロースト
  • ホップ : センテニアル、チヌーク
  • ABV : 6.0%
  • IBU : 40
  • 容量: 330ml
Polar Nightショートショート
「永遠の刹那」

全く荒唐無稽な話だーー。

でも、飛行機の窓から見える見知らぬ国に何かがあるような気がした。

少し前、僕は突然の余命宣告を受けた。

今、隣の席で眠るカナと結婚して一年。これから幸せになるはずだったのに……。

2人で泣いた。泣き続けた。

そんな僕らを気にもせず、いつものように、太陽は登り、そして沈んでいった。太陽がその営みを繰り返すだけ、僕は終焉に近づいていく。太陽が憎いと初めて思った。そんなとき、カナが言った。

(フィンランドに行こう)

 

「本当に太陽が沈まないんだな……」

僕らは白夜の中にいた。

(太陽が沈まなければ、余命が減らない)

カナの発想であり、フィンランドに来た理由。

そんなわけはない。でも、僕らはやってきた。

そして……。

カナは正しい、と思った。

「これからは少し笑おうよ」

「ああっ」

僕らにはまだ時間がある。きっと何か出来るはずだ。

やっぱり、太陽は嫌いじゃない。たとえ沈んだとしても。